読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

DIARY

パラダイス銀河

#016

いつの間にか考えることをやめる。やり尽くしたという感じではなくて、見失ったといったほうがいいし、初めから真っ当に考えられることなど無かったというべきかもしれない。とにかく、問いの螺旋から降りてしまった僕の世界には、ほとんど何も残っていない。他人の物語へと逃げ込む、気味が悪いくらい簡単に。それぞれの世界観を満たしている空気を何とかそこから取り出して、自分の世界にインストールしようしている。

現在は散らかっている。何から触り始めればいいのか。何も把握できない時、確かに自由の刑を感じる。自己陶酔な感性と、大きすぎる欲望。中途半端な忠誠心。

 

芸術。内にあるものか、それぞれの世界を吐き出す。構造的な魅力か、暴力的な個性は時としてすごく退屈だ。ある感覚、違和感の中にトリップ。全くおかしな世界の表層が至近距離でそこにあるけれど、内側が全然見えてこない。一時的な高揚感。物事の形と色、配置が演出する空間とそれが連れてくる感情。 

はっきりと始まったタイミング。無理やりフラットになったかと思えば、生き物が湧いて出てきたり、雲がリズミカルに動いたりする、水色の空は太陽に吸い込まれ続けている。人生の中でランダムに出現するあらゆる主張が、正しさを叫んだり吐き出したりしてなすりつけようとしているけれど、突拍子も無い出会いだから、僕たちはそれを本当に信用したりしない。納得が渦巻いている。満たされる一瞬手前、不安はやってくる。絶対を許さない絶対的なエゴ。映る全てを秩序付けることへの妄想。問いは終わらない。

 

今の感情を作り上げたものが何なのか僕は振り返りもせず、その結果だけを継続している、そこに根拠は見えない。発端はすでに忘れられて、僕は昨日の感情を何も考えずただロードしている。固定されている現実とグロテスクな本質が交互に見え隠れしているようで、逃げるように幻想の中で生きようとする。音でも。写真でも。映像でも。文章でも。あらゆるデザインも。都市の呼吸も。全てが現実から僕を滑り落としてゆらゆらした連結の世界を一瞬だけ見せる。それはぎこちないリズムを刻んで、テンポを目指している。

感情は向こうからやってくる。自分の中から湧いてできたりしたことなんてない、みんな。物事の方からやってくる。僕らは宇宙で漂う無数の星のように、光を遮って映すランダムな個体。自分が発光体なのだと勘違いをするだろうか。

 

どこで誰と、何をしていれば満たされるのか。何を持って何を捨てて何を感じていれば安心はやってくるのか。

 

ピアノから始まってウッドベースが聞こえてきた。隣の部屋では安いビートが落ちる。縛られないメロディと、不規則なシンコペーション。プラットホームから始まる映像と、足元だけが楽しそうに動いている人間。大きな街。